記事一覧

中学受験について思う事

 

現在わかば学舎では、中学受験を希望される小学生の皆さんを快く受け入れております。

ただ、ひと昔前の私はというと、塾講師でありながら中学受験に対してはかなり否定的でした。

 

どうして、精神的にまだまだ未成熟な小5、小6くらいの子たちに、入試という過酷な試練を課さなければいけないのかと。

もし結果がダメだった場合、心に大きな傷を負ってしまわないだろうかと。

 

しかし今では少し考えが変わっています。

 

中学受験用の問題を見ていると分かります。

いかにもな難問は別としてですが、まっとうな中学受験用の受験勉強であれば、小6までの時期に中学生レベルの国語の良質な文章を多く読む機会が与えられ、算数においても思考力・計算力を鍛え上げる勉強をすることが出来ます。

それは、今後の中学、高校の学習にとってむしろプラスにしかならない、そう思うようになりました。

受験結果がどうであれです。

 

またこの一番の頭脳成長期に、受験対策として「読解力」や「思考力」を磨き上げてきて、なおかつ受験の大変さ、負けた悔しさを知っている中学受験経験組は、高校受験ではめちゃくちゃ強いです。

中学受験で成功しようが失敗しようが、その経験は必ず今後の糧になります。

 

とは言っても、すべての人が中学受験をすべきだとは思っていません。

 

少なくとも基礎的な学力がある人、学校のテストでは90点以上を必ず取れる人に限ります。

基礎力無くして思考力は鍛えられないからです。

基礎力がまだ完全についていない場合は、無理をして受験すべきではないと思います。

 

東京などの首都圏に比べたら宮城は中学受験熱はさほど熱くない地域かと思いますが、それでも仙台二華中や青陵中などの公立中高一貫校は志願倍率も高く、合格を勝ち取るのはそれはそれは大変なことなのです。

 

もし中学受験を我が子にとお考えの親御さんはまず、

 

 1.子どもに『基礎力』は身についているか

 2.子どもの受験意欲はあるか

 3.親御さんが子どもの勉強をサポートできるか

 

この全てがクリアできているかをまず考えてみてください。

特に、中学受験に限っては「3.親御さんが子どもの勉強をサポートできるか」が重要になってきます。

中学受験用の問題ともなれば大人でもなかなか解くのが難しく感じると思いますが、それでも子どもの勉強には何らかの形で関わってもらいたいと思います。

 

何も勉強の中身だけを見るのがサポートではありません。

目標の設定スケジュール作成教材の選定進み具合の確認時間の管理弱点の指摘などなど、周辺のサポートはいくらでもあります。

 

そして何よりメンタルのケア

 

高学年とはいえまだ小学生なのですから、遊びたい、楽をしたいという気持ちが起こってくるのは当然で、最初に抱いた情熱がしだいに冷めてくるかもしれません。

そんな時にさりげなく一声掛けたり、タイミングよく気分転換を勧めてくれたりするのは、やはり子どもの性格をよく知った親御さんしかいません。

 

子どもにとって中学受験は人生一度きりの経験です。

どうか、苦痛だけの記憶しか残らないような受験にはしないでもらいたいと思います。

 

仕事でなかなか子どもと会話する機会を持てないかもしれません。

最初に決めるときは会話をしたけど、それ以降はあまり子どもと関われていないという親御さんもいるかもしれません。

 

ただ、親が仕事に逃げているうちは、残念ながらその受験はうまくはいかないです。

 

ケアレスミスがなくならない

ケアレスミス、まいっか…

定期テストや模試の結果を見て、「うちの子、今回ケアレスミスが無かったらいい点数だったんですけど(^^)」という親御さんや、「くっそー、今回はケアレスミスにやられたなあ(^^)」という生徒さんがよくいらっしゃいます。

ケアレスミスは多かれ少なかれ、誰でも一度は経験しているので慣れてしまっているかもしれませんね。


しかし、ケアレスミスを完全に撃退するのは難しく、とてもじゃないですが笑顔で語れるものではありません。

もし本気でケアレスミスを無くすのであれば、それはもう神経をすり減らすような消耗戦をする必要があります。


笑っているうちはミスは減りません。


ではどうすればいいでしょうか。


ミスを減らすためには、まずそのミスをきちんと重く受け止めることです。


自信を持って書いたはずの答えなのにどうしてミスったのか、自分はどんな場面でミスをしてしまったのか、とことん分析しないといけません。


自信をもって書いた答えのケアレスミスは見つけにくい
ものです。なぜなら、答えに絶対の自信があるので逆にその自信がバリアーとなってしまい、ミスを気付かせにくくしてしまうからです。


そういったミスが多かった場合の対処法は、塾の生徒さんにはよく言いますが、見直しをするときには自分の答えをまず疑ってかかることです。
絶対に間違いがあるはずだと。


間違ってるだろうと思いながらの見直しは、合ってるだろうと思いながらの見直しに比べて、ミスを見つける確率が高くなります。
なぜなら、自然とチェックする箇所が増えてくるからです。


例えば英語の答えなら、スペルは? 複数形か? 三人称単数のsは? 過去形では? というように、チェックする項目がどんどん増えているはずです。
そういった見直しは頭も使って時間もかかり、きつい作業です。でもきっとミスが見つかります。


一方、合ってるだろうと思いながらの見直しでは、このチェック項目が無意識的に少なくなっています。
そういった見直しはすぐに終わるし、楽に終わります。でもきっとミスが見過ごされます。


もう一度言いますが、ケアレスミスをなくすのは自分の過信との戦いです。
消耗戦です。疲れます。


でもここが、高得点を取るか、あと一歩のところで終わるかの分かれ目です。


結局はケアレスミスも実力なのだということを認識しましょう。


「スペルミス」も「計算間違い」も「符号つけ忘れ」も全部実力です。

ほとんど出来ていた=〇ではないのです。✖なのです


テスト返却後、間違えてしまったところを改めて分析するのは、かなりしんどいし気の重い作業です。

しかし、そこを我慢して我慢して何とか向き合って続けていくことでしかケアレスミスを減らすことはできません。



冬期講習のお知らせ

冬期講習のお知らせです。

中3生はこの冬休みが勝負です。この冬休みに、どれだけ多くの時間を勉強に費やすか、どれだけの質の勉強をするかが、来年2月、3月の入試の合否に直接影響してきます。

中1,2生は年明け早々に『実力テスト』や『模試』が予定されていると思います。

そこを直近の目標としなければいけません。

そのテストで、今までの実力がどの程度ついているのかを必ず確認してもらいたいと思います。

「先生、模試は今の実力を見るだけなんだから事前に勉強する必要はないですよね?」

という生徒さんがたまにいますが、全然違います

模試は今まで習った全ての範囲を総復習できる、『またとない機会』です。

模試直前のこの冬休みに一通りの復習をし、さらに模試の後の間違い直しをすることで、飛躍的な学力アップに繋がります。

学力テストや模試があったら、「いやだなあ、仕方ないなあ」で受けるのではなく、「利用しまくってやる!」と思うべきなのです。

↓↓冬期講習チラシ↓↓

(クリックするとpdfファイルが開きます)

2018年12月13日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : わかば学舎

算数チャレンジ大会優勝!

宮城県教育委員会主催の「算数チャレンジ大会」にて、塾生のK君のチームが参加し、見事『優勝』を果たしました!

 

7月に予選、9月が本選となり、本選大会は宮城県庁にて開催されました。

小学生が3人1組でチームを作り参加します。なんだか高校生クイズみたいでいいなあと思ってしまいます😙

 

ただ、出される問題は数学的思考力や発想力を問われるかなり高度なものです。

なかなか大人でも解けない問題です。

例えば上のような問題ですが、一見簡単そうなのですが、あることに気づかないとずっと解けません。

あることに気づけば、いとも簡単に解けます。視点の転換が必要です。

もちろん三平方の定理や三角関数など使わずに小学校の知識だけで解けます。

 

こういった問題が10~15問、60分で解かなくてはいけません。

3人が分業してもいいですし、一緒に同じ問題を解いていっても構いません。

チームそれぞれの戦略もとても大事になってきます。

 

ちなみに塾生のK君のチームはどうしたかというと、K君が前半部分を一人で担当し、他の二人が後半を共同で解き進める作戦で行ったのだそうです。

この作戦がピタリとはまり、効率良く得点を積み上げられたのではないかと思います。

 

本当におめでとうございます🎉

 

 

塾生のK君についてですが、もともと勉強は得意な方で、勉強することをあまり苦にしないタイプではありましたが、最初からどんな問題も楽々解いてしまう子という訳でもありませんでした。

 

ただ、少しのヒントを与えれば、あとは自力で正解まで進んで行けるだけの集中力と根気がありました。

 

こういうタイプの子に一番適した勉強法は、とにかくいろいろなタイプの問題を、たとえ広く浅くてもいいのでたくさん解くことではないかと思います。

 

今回のような課題に対した時、今回が初挑戦になるような問題をなるべく作らないこと。

 

つまり、どこかで似たような問題を一度は解いたなという記憶があるだけで、たとえ難問であっても自力でなんとか手掛かりを見つけ、立ち向かっていくことが出来るようになってきます。

 

あとそういう状態になると、つまり広く浅くでもいろいろな解法パターンが身に付いてくると、勉強が更に楽しくなっていきます。

 

楽しくというのはちょっと言い過ぎかもしれませんが、そういった問題への好奇心が間違いなく前よりも出てくるはずです。

これはあのやり方で解けるかな、いやこっちのやり方もあるかも、という風に考えられるようになってくるからです。

 

中身がすかすかの冷蔵庫よりも、食材がたくさん入っている冷蔵庫の方が料理をしようという気になりますよね💪

(例がちょっと変ですね😓)

 

もちろん、全ての生徒さんにこの勉強法が向いているという訳ではありません。

基本的な計算力、読解力が無いままにいろいろな問題に取り組ませても、逆に何も身に付かず点数が伸び悩むことになってしまいます。

 

ただ、そういったリスクに気を付けながらも、知的好奇心を刺激するために様々なタイプの問題に触れることはそれでも大切なことだと思っています。

 

自分の経験からも、『知的好奇心を刺激すること』ほど勉強への意欲につながるものってないと思うからです。

 

でも、この知的好奇心って、火がつきやすい人とそうでない人がいるのも事実です。

 

ここが難しいところです😅

 

 

勉強に前向きな子の”親”の共通点

普通、勉強へのやる気は簡単には沸かないものです。

それでも中には、何かがきっかけとなって、急にやる気が出たという生徒さんもいるにはいます。

ですが、そのやる気・勉強への前向きさがずっと途切れないで続く人というと、ごく限られた人となってしまいます。

そのことは、毎週取り組む宿題の量だったりその質だったりを見ているとよく分かります。

 

では、そういった勉強への前向きさがずっと続く人には何か共通点はないかと考えてみると、保護者の方にもいくつか共通することがあることに気づかされました。

今回はそんな保護者の方々の特徴をいくつかご紹介します。

 

1.目標を一緒になって見つけようとしている。

 

自分の目標が明確であればあるほど、そこへ向かおうとする気持ちは継続しやすいものです。

子供の目標を一緒になって考え、そしてその決めた目標を実現するための「プラン」を一緒に作っているようなご家庭は、生徒さんの前向きさが違います。

 

特に、子供は逆算することにあまり慣れていません。

つまり、自分の目標を達成するための道筋にどんな選択肢があるのかをよく知りません。

 

例えば将来なりたい職業・目標があるとして、そのためにはこの大学で勉強する必要があるけど、それにはこのレベル以上の高校に進んでおかないといけないな、だとしたらあとこれだけ点数をあげないとな、というような逆算をすることはなかなか子供だけでは難しい時があります。

 

そんな子供の悩みを察知し、自分の経験や知識をもとにした道筋プランを相談しあえるような関係が、前向きな生徒さんのご家庭では出来ています。

 

なぜか分からないけど勉強した方がいいからと言われてやる勉強と、目標達成のためにはどうしても必要だからとやる勉強では、継続性の度合いが違うこともうなづけます。

 

 

2.適度に干渉している。(放任には決してしない)

 

日々の生活に追われてくると、最初の目標がかすんできたり、ついつい自分に甘くなってくることは子供ならばよくあることです。

そんな時に適度に干渉できている(子供を放っておかない)ご家庭もまた、前向きな勉強を継続できています。

 

具体的には「目標の見直し」「時間管理」をとても上手に行っています。

子供の目標がまだ変わっていない場合は、もう一度その目標への意識付けを行ったり、そこまでの道筋の再確認を行ったりをしていますし、もし目標を見失っているようなときは、根気強くその理由を聞き出したり新しい目標づくりのために一緒に悩んだりしています。

そして、子供が納得して再スタートを切れるような心配りをしています。

 

そして時間の管理です。

自分への甘さが一番出てくるのが時間の管理です。

あるお母さんは、毎日の時間の使い方について、子供が最初に決めていたことをだんだんと守れなくなってきたなと感じた時、1回だけガッツリとダメ出しをするそうです。

そしてダメ出しをした後はもう同じことは言わず、見守るのだそうです。

 

子供は子供なりに、これではダメだと既に気付いているはずなので、その気持ちを引き締め直す「きっかけ」さえ与えてあげれば、元の時間の使い方に戻りやすいのではないか、ということでした。

「時間の管理」は崩れやすいものでありながら、一方で親の知恵と工夫で簡単に修正しやすいものでもあるんですね。

 

しかし「適度に干渉する」ためには、親子の信頼関係がしっかりできていることが大前提となります。

つまり、子どもにとって信頼できる親であることを普段の生活を通して示せているかということです。

 

良いことをしたら褒め、悪いことは叱り、善悪の違いは何なのかをよく話し合う、そんなコミュニケーションが普段からとれていれば、自然と子供は親を信頼するようになります。

また、親も子供を信頼できるようになります。

 

 

3.子供の勉強に参加している。

 

勉強に参加といっても色々なやり方を取っています。

まる付けを手伝いながら間違っているところ一緒に考え、弱点と思われる所を指摘してくれる方もいます。

もちろんその場で正しい答えを教えることが出来る必要はありません。

その部分は学校の先生や塾などで確認すればいいだけの話です。

重要なのは間違いやすいところを一早く見つけて修正の機会を与えてあげられることです。

 

そこまでではなくとも、テスト前には教科書を見ながら一問一答形式の問題を出してあげる方、英語や理科の暗記カードを子供と一緒に作ってくれる方など、何らかの形で子供の勉強に参加しているご家庭では、やはり子供の理解度に違いが出てきます。

 

勉強は基本的に孤独な作業ですから、その中でもし協力者や仲間のような存在がいてくれたら、そんな孤独な作業もやりがいのある事に思えてきて、その結果前向きな勉強ができているのではないでしょうか。

 

また、直接勉強に参加するわけではありませんが、親の姿を見て勉強に前向きになる場合もあります。

 

たとえば親が読書を習慣としているご家庭では、子供にも自然と読書の習慣がついていたりします。

親が仕事上で何か資格を取るために毎日勉強してたりすると、子供も勉強することがごく自然な当たり前のことに感じるようになってきます。

 

間違っても「親は学生時代を終えたからもう勉強なんてしなくていい」などと言ってはいけません。

いくつになっても自分を高めるための勉強は続けていくものという姿を、また時には苦労してあがき続ける姿を親が子供に見せることは、子供の向上心や探求心、知的好奇心をおおいに刺激し続けるものです。

 

 

まとめ

 

今回ご紹介させていただいた保護者の方々に共通する型は、一言で言うと、

『親も一緒に参加してゴールを目指す型』

です。

大人は仕事、子供は勉強などという変な区分けはせず、親は子供の勉強にどんどん参加し、子供も親の仕事に関心を持つような関係でいられることが一番なのではないかと思います。

そしてその大前提となるものが、普段のコミュニケーション、もっと言えば親のコミュニケーション力です。

 

決して、

『自分は何もせず指示だけ型』

にはならないでください。

勉強という孤独な作業が、ますます辛くしんどいものとなってしまいます。

これでは何の希望もなく、前向きにやろうなんていう気が起きなくても当然です。

 

ぜひ、親は子と同じ方向を向いて歩く、良き仲間、良き伴走者になってあげてください。