オンライン授業を3週間してみて

この教室での授業をオンライン授業に切り替えてから3週間が経過しました。

最初は、音が出ない!画像が映らない!と言っては親を呼んでいた生徒さんも、今は何の問題も無く一人で(オンライン)塾に来てくれます(^^)

 

ここまでやって来ての感想ですが、多少面倒だったり不便だったりということはあるものの、普通に授業としては十分成り立つと感じています。

 

うちのような個別指導塾の場合は特に、生徒さんと一対一で話しながら、表情や話し方から理解度を確認して次の指示出しをするので、このテレビ電話形式になったとしてもやる事は一緒、あまり違和感なくやれるのかなあと思います。

 

あと、思わぬ効果というか発見ですが、生徒さんたち、もしかして前より集中して勉強してる?

気のせいかもしれませんが、この子こんなに集中して勉強出来る人だったっけ、という人が複数人いらっしゃいます。

画面を通してだと先生にずっと見つめられているような気がするんでしょうかね。

面白いですね^_^

 

塾では以前から、各科目の進度を確認するための「ワーク達成表」を使用していましたが、これに急遽「勉強手帖」なるものを作って生徒さんにお渡ししています。

この「ワーク達成表」「勉強手帖」が、今の生徒さんと私を結ぶ頼もしいツールになっています。

毎日の授業が始まると、まずこの二つを確認して、生徒さんのテキストの進み具合や勉強時間を教えてもらっていますが、これがとても重宝しています。

今年新たに準備した「勉強手帖」ですが、これは毎日の時間を管理するものです。

予定の時間ではなく、実績のみの時間です。(本当は予定もあると一番いいのですが、そうするとハードルが一気に上がってしまうので、まずは実績のみです。)

 

主には勉強時間の実績を記入してもらうのですが、それ以外の時間(学校、部活、食事、休けい)も記入してもらうことで、少ない時間の中から何とか勉強時間を見つけてもらい、勉強のリズムを早く作ってもらいたい、と思っていました。

 

ところがこのコロナです。

 

長期休校となり、逆に子供達には時間が有り余っている状態です。

この有り余る時間の中から、果たして子供達は、勉強時間をどれだけ割り当ててくれるでしょうか?

残念ながら、自力で時間を管理出来る子はほぼおりません。

そこには親御さんや、塾の管理が必ずと言っていいほど必要となってきます。

 

休校となってから2ヶ月が経ちましたが、子供達の学力に大きな差が出てきているのは明らかです。

塾の生徒さんにつけてもらった勉強手帖では、最初1週間での勉強時間が、一番少ない人で6時間、一番多い人で44時間でした。

その差38時間!

 

これは、普通に学校に行っていた場合には出ない差です

 

休校となった3月から今日まで9週間過ぎているので、単純計算で38時間×9週間=342時間もの勉強時間の差が出来ていることになります。

これで学力に差が出ないわけがありません。

この休校措置があと何週間続くか分かりませんが、この差はさらに広がります。

 

また一番心配なのは、学校が再開してからおそらく始まるであろう「猛スピード授業」に、着いて行けなくなる子たちが続出するのではということです。

今はそのために、出来るだけ予習を進め、本来習っているであろう単元を着々と進めておくことが重要です。

 

5月の連休といっても基本は自宅にいるでしょうから、この期間も十分勉強時間は確保できるはずです。

塾もお休みにするはずでしたが、連休中に4日間、『オンライン勉強会』を実施することにしました。

インターネット上に「自習室」を作り、そこに塾生さんそれぞれが映像付きで参加してもらい、毎日3時間をそこで勉強しながら過ごします。

勉強内容は何でもOKですが、必ず自分の体の一部(手元など)が映るようにします。

そうすることで、生徒さん同士で意識し合いながら、勉強しないといけないという状況になるといいなと思っています。

 

今日で2日目のオンライン勉強会が終わりましたが、ほぼ全員が参加して、学校から出された宿題をやったり、教科書を先読みしたりしてたようです。

小・中・高校生が一緒に勉強している感じもなかなか良かったです。

 

今までこの塾には自習室がありませんでした。

理由は単純にそのスペースが無かったからなのですが、今回たまたまオンラインにしたことで、念願の(?)自習室が出来てしまいました(^^)

 

新型コロナの影響で嫌な事ばかりが続きますが、その中でも少しでも何か生徒さんの力になれるような「新型わかば学舎」になりたいと思います。

 

『やれることは全てやる』の精神ですね。

 

2020年5月2日 | カテゴリー : 塾の最近 | 投稿者 : わかば学舎

皆さん第一志望校に合格です!(^^)!

今年度の塾生の皆さんの合格状況です。

 

中学受験生、高校受験生ともに、全員、第一志望校に合格しました!

皆さん本当に頑張りました。

 

小学6年生のお二人はいずれも難関校受験、中学3年生の皆さんは新受験制度になって初めての受験生で、ご本人はもちろん、ご家族の皆様にとっても心配の多い受験だったはずです。

 

この1年間の受験を通した取り組みを、どうかこれからの大きな自信としてもらいたいと思います!

本当におめでとうございました!

 

【中学受験】

仙台二華中学校 1名

宮城教育大学附属中学校 1名

 

【高校受験】

一関高専 未来創造工学科 1名

宮城野高校 総合学科 1名

多賀城高校 災害科学科 1名

利府高校 普通科 2名

塩釜高校 ビジネス科 2名

東北学院榴ヶ岡高校 TG選抜コース 1名

 

2020年3月29日 | カテゴリー : 塾の最近 | 投稿者 : わかば学舎

忘れないための勉強

勉強の種類は大きく2つに分かれます。

 

1つ目は、まだ知らないこと、新しいことを理解するための勉強

そして2つ目は、理解した事を忘れないようにするための勉強です。

 

「中学校の定期テスト」などは1つ目の勉強の要素が多く含まれますが、「模試」や「受験勉強」などは2つ目の勉強の要素が非常に多く関わっています。

定期テストはできるのに、模試になると全然ダメというのは、この2つ目の勉強(忘れないようにするための勉強)をしていないからに他なりません。

 

簡単に言えば復習です。

それもちょっと前の内容の復習ではなく、1年・2年単位のずーっと前に習った内容の復習です。

 

ドイツの心理学者のエビングハウスという人が行った実験で、人間の脳はとても忘れやすく出来ていることが分かりました。

一度本気で覚えた事も、2日後にはその70%以上を忘れてしまうそうです。

なぜそんなに忘れてしまうのと思ってしまいますが、これは人間が健康に生きて行く上でどうしても必要な「能力」なので仕方ありません。

もし「忘れるという能力」が人間に無かったら、悲しみや辛い記憶もずっと鮮明に残り続けるため、いつまでも立ち直ることができず、つまり健全に生きて行く事が困難になってしまいます。

 

とは言っても、こと勉強に関してだけを考えると、「忘れる」という能力はなるべく発揮してもらいたくないですね😓

どうしたら覚えておきたい事をずっと忘れずに覚えていられるのか。

 

先述したエビングハウスは、もう一つの実験をしています。

それは、一度学習した内容を、適度なタイミングで何度か「復習」したらどうなるかというものです。

その結果ですが、以下の図にもあるように、復習をする度に記憶の定着率(ずっと覚えていられる割合)が格段に上がっていきました。

復習しない場合の記憶の定着率がわずか20%なのに対し、定期的に復習をした場合はなんと80%まで定着率が上がっています。

これが意味するのは何でしょうか?

 

例えばこんな会話が予想されます。

上の図の、青がA君、オレンジがB君です。

 

A君

今年おれら受験だよな。今まで習った事が100あるけど、確認してみたらおれ20しか覚えてないや。あと80もあるのかあ。覚えられるかな? おまえはどう?

B君

おれ? おれの場合は80は覚えてるから、あと20だけやり直すつもりだよ😌

A君

まじ? もしかしておれって、これからおまえの4倍も勉強しないと追いつけないってことなのか? うわ、テンション下がるわぁ😫

 

1年や2年も前に習ったことを、すぐに思い出せる人なんてそうそういません。

でも受験生がそんな事を言ってはおられず、半分以上の問題が前年、前々年の学習内容から出題される入試である以上、いやでも再学習して「覚え直す」という作業が必要となります。

この覚え直しをいかに早い段階で完了できるかが、その後の「やる気」や「学力の伸び」に大きく関わってきます。

 

教室の生徒さんには、毎回授業の始めに前学年の範囲からの10問テストをしてもらっていますが、これも忘れ防止、覚え直しのために必ずしてもらっています。

学校の成績がかなり良い生徒さんでも、すっぽりと記憶の穴がある場合がほとんどです。

その穴をうまく埋めていけたらと思っているのですが、覚え直すそばからまた忘れていくので、なかなか簡単にはいきません。

 

そこで今年は、塾で出す宿題についても、今までは現学年の課題を出してましたが、中2、3年生には前学年の復習課題を合わせて出すようにしています。

生徒のレベルに応じた復習課題を準備するのは少々手間がかかりますが、それで少しでも記憶の穴が埋まってくれたら万々歳です。

果たして、うまく行くのか、行かないのか。

 

試行錯誤は続きます。

 

合格状況(2019年度最終)

今年度の塾生の皆さんの合格状況は以下の通りです。(複数校受験分も含みます)

 

中3生は全員、公立校、私立校ともに第一志望校に合格しました!

ご本人の頑張りはもちろん、ご家族の皆さんの励ましとサポートの力あってこその結果です。

どうかひと時、ご家族全員でこの喜びを分かち合ってください。

 

そして生徒の皆さんは、この嬉しい気持ちをぜひ新しい生活の原動力にしましょう!

 

【公立高校】

多賀城高 普通 1名

利府高 普通 1名

仙台工高 機械 1名

塩釜高 ビジネス 1名

 

【私立高校】

仙台育英高 特別進学 2名

東北学院高 総合進学 1名

聖和学園高 リベラルアーツ 3名

 

【私立中学】

東北学院中 1名

 

合格された皆さん、本当におめでとうございます!

 

算数チャレンジ大会優勝!

宮城県教育委員会主催の「算数チャレンジ大会」にて、塾生のK君のチームが参加し、見事『優勝』を果たしました!

 

7月に予選、9月が本選となり、本選大会は宮城県庁にて開催されました。

小学生が3人1組でチームを作り参加します。なんだか高校生クイズみたいでいいなあと思ってしまいます😙

 

ただ、出される問題は数学的思考力や発想力を問われるかなり高度なものです。

なかなか大人でも解けない問題です。

例えば上のような問題ですが、一見簡単そうなのですが、あることに気づかないとずっと解けません。

あることに気づけば、いとも簡単に解けます。視点の転換が必要です。

もちろん三平方の定理や三角関数など使わずに小学校の知識だけで解けます。

 

こういった問題が10~15問、60分で解かなくてはいけません。

3人が分業してもいいですし、一緒に同じ問題を解いていっても構いません。

チームそれぞれの戦略もとても大事になってきます。

 

ちなみに塾生のK君のチームはどうしたかというと、K君が前半部分を一人で担当し、他の二人が後半を共同で解き進める作戦で行ったのだそうです。

この作戦がピタリとはまり、効率良く得点を積み上げられたのではないかと思います。

 

本当におめでとうございます🎉

 

 

塾生のK君についてですが、もともと勉強は得意な方で、勉強することをあまり苦にしないタイプではありましたが、最初からどんな問題も楽々解いてしまう子という訳でもありませんでした。

 

ただ、少しのヒントを与えれば、あとは自力で正解まで進んで行けるだけの集中力と根気がありました。

 

こういうタイプの子に一番適した勉強法は、とにかくいろいろなタイプの問題を、たとえ広く浅くてもいいのでたくさん解くことではないかと思います。

 

今回のような課題に対した時、今回が初挑戦になるような問題をなるべく作らないこと。

 

つまり、どこかで似たような問題を一度は解いたなという記憶があるだけで、たとえ難問であっても自力でなんとか手掛かりを見つけ、立ち向かっていくことが出来るようになってきます。

 

あとそういう状態になると、つまり広く浅くでもいろいろな解法パターンが身に付いてくると、勉強が更に楽しくなっていきます。

 

楽しくというのはちょっと言い過ぎかもしれませんが、そういった問題への好奇心が間違いなく前よりも出てくるはずです。

これはあのやり方で解けるかな、いやこっちのやり方もあるかも、という風に考えられるようになってくるからです。

 

中身がすかすかの冷蔵庫よりも、食材がたくさん入っている冷蔵庫の方が料理をしようという気になりますよね💪

(例がちょっと変ですね😓)

 

もちろん、全ての生徒さんにこの勉強法が向いているという訳ではありません。

基本的な計算力、読解力が無いままにいろいろな問題に取り組ませても、逆に何も身に付かず点数が伸び悩むことになってしまいます。

 

ただ、そういったリスクに気を付けながらも、知的好奇心を刺激するために様々なタイプの問題に触れることはそれでも大切なことだと思っています。

 

自分の経験からも、『知的好奇心を刺激すること』ほど勉強への意欲につながるものってないと思うからです。

 

でも、この知的好奇心って、火がつきやすい人とそうでない人がいるのも事実です。

 

ここが難しいところです😅