塾に通うことのメリット

塾に通うことのメリットって何でしょう?

 

難しい問題を解くヒントを聞けるから。

問題を解くためのテクニックを教えてもらえるから。

効率の良い勉強の仕方を教えてもらえるから。etc…

 

生徒さんが考えるメリットは色々とあるかもしれませんが、私が思う一番は、

毎週決められた時間に必ず勉強しかできない時間を確保できる

ことだと思います。

 

この時間は例外なく、必ず全員が勉強できます。

10分おきにスマホをチェックすることも無し。30分おきにベッドに寝転がることも無し。1時間おきに仮眠をとることも無し。

ただひたすら2時間、勉強だけに拘束されます。

 

これってかなり大きなメリットだと個人的には思っています。

自分が現役だった時のことを考えても、自分を勉強に縛りつける(られる)時間を確保出来たことが、塾を利用して本当に良かったなと思えたことでした。(講師の名言などは全然思い出せませんが^^;

 

そして逆に、塾に通わない場合の一番のデメリットもそれだと思います。

自分を勉強に縛りつける時間を、自分自身で見つけなければなりません。

これって、結構難しいことです。

特に中学生になると親の管理からも解放されがちで、自分の欲望のままに毎日を過ごしてしまいます。

テスト前でもなければ、自分を律して勉強机の前に座り続けるなんて、ほんの一握りの人しかできないのではないでしょうか?

 

だから、

せっかく塾に通っているのなら、あまり簡単には休まないほうがいいですね。

「疲れた」は「体調不良」ではありません。

「疲れた」けど、塾に行けば勉強ができるんです。

 

その「塾に通うことのメリット」を考えながら、生徒さんには塾に通ってきて欲しいなと思っています。

 

宿題と向き合う姿勢

塾では毎回必ず生徒に宿題を出します。

 

生徒のレベルに合わせて、数枚のプリントを次回までの宿題として渡します。

それを、次回の授業時に私が丸を付け、チェックをして授業時間内に生徒に返します。

間違えた箇所はその日のうちに修正、再度採点し丸になるまで同じ事を繰り返す。

 

これが、弊塾での宿題対応の大体の流れですが、生徒さんの宿題に対する向き合い方を見ていると、これがいろいろあって結構おもしろいです。

いかにも直前にやりました的に自分が分かるところだけ殴り書きのような宿題、分からないなりにもなんとかこれまでの知識を駆使して書き上げた宿題、途中で力尽きてしまった宿題、何もしていない宿題。

ちなみに宿題を何もしていない、もしくは途中までしかしていない場合は、授業時間後に最後まで終わらせてから帰宅する事になっています。

 

ほとんど毎回、宿題をしてこない生徒さんがいます。

最初のうちは次回は必ずやってくるようにと口すっぱく言っていたのですが、今はそう言うのをやめました。

決して放棄したわけではありません。その子は授業後に居残り、宿題をきっちり終わらせて帰ります。当たり前のように毎日数十分追加の勉強をしてから帰ります。

これもありか、と思ったわけです。どうしても家での勉強が難しい子は別なところでその分の勉強時間を作れば結局同じではないかと。

授業の直前になって条件反射的に解けそうな問題だけ手を付けて来て時間通りに帰ってしまう生徒より、全くしてこないけど居残りながら塾で集中して宿題を終わらせる生徒の方が、よほど知識が身についている気がします。

 

一方でこんな子もいます。

宮城県最大の模試で「新みやぎ模試」がありますが、この塾にはその新みやぎ模試で県内第2位の成績を取る生徒さんがいます。

その子への毎回の宿題は、学力レベルに合わせてやや難しめなものが多いのですが、毎回ほぼ完ぺきです。

それでもたまには不正解があるのですが、そのつぶし方が何というか容赦がなく徹底的です。

まるで潔癖症の人のように、汚点を音速で消去し立ち去っていくかのようです。

勉強においては、汚点を一つも残したくない潔癖症な性格は”強み”になります。

 

その子の更にいいところは、正解している問題でも正解に至る過程で少しでも自分の予測やカンが入っていた場合は、きちんと裏付けを取るという作業(講師に聞く、解説を熟読するなど)をしているところです。

まさに宿題を”勉強”にしている姿です。

 

宿題の解き直しに後ろ向きな子は、宿題を「作業」としか思えず、「勉強」をしているという意識があまり無いのだと思います。

もし勉強しているという意識があるのであれば、間違った問題は気になって仕方ないはずです。どうやって解くんだろうと求めずにはいられないはずです。

そういう気持ちはどうしたら出来るのだろう、どうしたら生徒に伝えられるのだろうといつも思います。

 

もしかしたら、宿題はするが解き直しをしない生徒は、宿題を忘れてくる生徒よりも根が深いのかもと、宿題を通して考えさせられています。

 

今日の一句

『宿題は、作業ではなく勉強だ!』

 

2021年度『夏の特訓教室』のお知らせ

 
一学期の成績が振るわなかった人、
受験勉強を始めないといけない人、
自宅ではなかなか勉強出来ない人、
 
こんな人の中で、何か変えようと思い、自分自身で前向きに勉強しようと思った生徒さん
今年の夏も応援します!
 
皆さんの勉強のお手伝いをさせて下さい。
少人数となりますが2021年度『夏の特訓教室』受講生を、以下の通り募集します。
 

≪小学生(小3/小4/小5/小6)≫
【1】前期6回コース (1回60分)
 日程:7/26(月),28(水),30(金),8/2(月),4(水),6(金)
 時間:①9:00~ または ②13:00~
 料金:6,000円

【2】後期6回コース (1回60分)
 日程:8/2(月),4(水),6(金),16(月),18(水),20(金)
 時間:①9:00~ または ②13:00~
 料金:6,000円

【3】全9回コース (1回60分)
 日程:7/26(月),28(水),30(金),8/2(月),4(水),6(金),16(月),18(水),20(金)
 時間:①9:00~ または ②13:00~
 料金:9,000円

 

≪中学受験(小5/小6)≫
【1】前期6回コース (1回120分)
 日程:7/26(月),28(水),30(金),8/2(月),4(水),6(金)
 時間:①10:00~ または ②14:00~
 料金:12,000円

【2】後期6回コース (1回120分)
 日程:8/2(月),4(水),6(金),16(月),18(水),20(金)
 時間:①10:00~ または ②14:00~
 料金:12,000円

【3】全9回コース (1回120分)
 日程:7/26(月),28(水),30(金),8/2(月),4(水),6(金),16(月),18(水),20(金)
 時間:①10:00~ または ②14:00~
 料金:18,000円

 

≪中学1,2年生≫
【1】前期6回コース (1回120分)
 日程:7/26(月),28(水),30(金),8/2(月),4(水),6(金)
 時間:①10:00~ または ②14:00~
 料金:12,000円

【2】後期6回コース (1回120分)
 日程:8/2(月),4(水),6(金),16(月),18(水),20(金)
 時間:①10:00~ または ②14:00~
 料金:12,000円

【3】全9回コース (1回120分)
 日程:7/26(月),28(水),30(金),8/2(月),4(水),6(金),16(月),18(水),20(金)
 時間:①10:00~ または ②14:00~
 料金:18,000円

 

≪中学3年生≫
(半日コース)
【1】前期6回(半日)コース (1回180分)
 日程:7/26(月),28(水),30(金),8/2(月),4(水),6(金)
 時間:①9:00~ または ②13:00~
 料金:18,000円

【2】後期6回(半日)コース (1回180分)
 日程:8/2(月),4(水),6(金),16(月),18(水),20(金)
 時間:①9:00~ または ②13:00~
 料金:18,000円

【3】全9回(半日)コース (1回180分)
 日程:7/26(月),28(水),30(金),8/2(月),4(水),6(金),16(月),18(水),20(金)
 時間:①9:00~ または ②13:00~
 料金:27,000円

(一日コース)
【4】前期6回(一日)コース (1回360分)
 日程:7/26(月),28(水),30(金),8/2(月),4(水),6(金)
 時間:9:00 ~ 16:00(お昼休み12:00 – 13:00)
 料金:36,000円

【5】後期6回(一日)コース (1回360分)
 日程:8/2(月),4(水),6(金),16(月),18(水),20(金)
 時間:9:00 ~ 16:00(お昼休み12:00 – 13:00)
 料金:36,000円

【6】全9回(一日)コース (1回360分)
 日程:7/26(月),28(水),30(金),8/2(月),4(水),6(金),16(月),18(水),20(金)
 時間:9:00 ~ 16:00(お昼休み12:00 – 13:00)
 料金:54,000円

 
※一学期の復習、前学年の復習、受験対策、何でもやりたいことを持ってきてください。持ってない方へはテキスト、プリントなどこちらで用意します。
 
※各回の受講生は5名までとさせていただきます。
 
※授業時間の変更(例えば一コマ120分を180分に変更)をご希望の方は申し込み時にその旨をお知らせ下さい。可能な限り対応させていただきます。
 
2021年7月1日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : わかば学舎

2020年度冬の特訓教室のお知らせ

2020年冬の特訓教室のお知らせです。

本気で勉強したい人、ぜひお待ちしています。

本気で付き合います。(答えを教えるという訳ではないです😅)

 

【小学生】

予習、復習、受験勉強など、この冬休みで目指す目標に向かって自力で進める力をつけます。 決して答えは教えません。

 

科目:算数、国語、受験科目

 

日程:12月28日,29日,1月4日,5日

 

時間:1回60分(1時間)

9:00~10:00、10:00~11:00(午前)

13:00~14:00、14:00~15:00(午後)のいずれか

 

受講料:¥4,000(4回)

 

【中学1,2年生】

2学期で学習した単元はどれも重要なものばかりです。ここで確実な復習を徹底的に行います。

(小学生も本コースを選択できます)

 

科目:数学、英語、(必要に応じて国語、理科、社会)

 

日程:12月28日,29日,1月4日,5日

 

時間:1回120分(2時間)

10:00~12:00(午前)または 14:00~16:00(午後)

 

受講料:¥8,000(4回)

 

【中学3年生】

中3生の『かんづめコース』、今回もあります😀

中3生はこの時期には基礎が終了し、膨大な演習問題と格闘していなければなりません。

1日7~8時間の勉強を目標にし、5科目の受験対策と過去問演習に徹底的に取り組む必要があります。

『かんづめコース』では1日6時間、まさにかんづめ状態で勉強 をし続けてもらいます。

 

(半日コース)

科目:数学、英語、国語、理科、社会

 

日程:12月28日,29日,1月4日,5日

 

時間:1回180分(3時間)

9:00~12:00(午前)または 13:00~16:00(午後)

 

受講料:¥12,000(4回)

 

(一日コース)・・・『かんづめコース』

科目:数学、英語、国語、理科、社会

 

日程:12月28日,29日,1月4日,5日

 

時間:1回360分(6時間)

9:00~16:00(お昼休み1時間あり)

 

受講料:¥24,000(4回)

(昼食持参してください)

 

 

↓↓冬期講習チラシ↓↓

(クリックするとpdfファイルが開きます)

 

2020年12月6日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : わかば学舎

私、定期テストでは何点取ればいいの?

中学の定期テストで、自分は一体何点取ればいいのだろう? 

そして、自分はどの高校に行けるんだろう?

そんな疑問を持っている生徒さんに、ぜひ意識しておいて欲しいことをまとめてみます。

 

『今度の定期テストでは何点取ればいい?』

   ↓

1.それは、自分の志望校(行きたい高校)によって変わります。

   ↓

2.では、志望校のレベルを確認してみましょう!

   ↓

3.「みやぎ模試」の『偏差値一覧表』が役立ちます。(この表→)

   ↓

  一覧表にある、”80%合格点”に注目!!

  ”80%合格点”とは

  その高校にほぼ合格できるであろう「安全圏の点数」です。

  点数はみやぎ模試での点数(500満点中)です。

 

では、

「みやぎ模試」と「学校の定期テスト」との関係は??

 

模試(みやぎ模試)の点と定期テストの点の関係

 

一般的に模試の点数は、その人の定期テストの点数よりも低くなります。

どれくらいかと言うと、おおまかにですが大体50点程度低くなると考えてください。

 

その理由は、

出題範囲です。定期考査の出題範囲はせまく、直前に習ったところからしか出題されませんが、模試では今まで学習した所のすべてが範囲となります。

つまり、もう忘れてしまっている部分からもたくさん出題されるのです。

 

したがって、

 

学校の定期テストでは、一覧表の80%合格点よりも、50点高い点数を目標にしましょう!

 

定期テストの目標点 = 志望校の80%合格点 + 50点

 

具体的には次のようになります。

 

(例1) 志望校が『仙台三高

→模試80%合格点は402点なので、定期テストでは450点が目標

 

(例2) 志望校が『仙台南高

→模試80%合格点は367点なので、定期テストでは420点が目標

 

(例3) 志望校が『宮城野高

→模試80%合格点は331点なので、定期テストでは380点が目標

 

(例4) 志望校が『多賀城高

→模試80%合格点は305点なので、定期テストでは355点が目標

 

といった具合です。

 

これらは、あくまでも定期テストに向けた目標点です。

高校受験では、言うまでもなく本番当日までにどれだけ学力を高めていけるかが重要です。

もしかしたら、定期テストはあまり良くなくても本番では高得点できるかもしれないし、その逆の人もいるかもしれません。

 

要は受験本番が重要だから、学校の定期テストの結果で一喜一憂しないで、最後の半年のラストスパートで精いっぱいの力を出し切ろうと考えている人もいると思います。

 

それは一見正しいようですが違います。

 

実際はどうかというと、過去の塾生さんたちの進路を見ると、おもしろいほどに

『定期テストの点数』- 50点

くらいの高校に進学しています。

 

定期テストの結果には、一喜一憂した方がいいです。

 

結果が悪かった場合、何が足りなかったのか、何をしておけばこんな点数にならずに済んだのかを判ってから次に行くのと、気にしない気にしない、はい次頑張ろうだけで次に進んでしまうのとでは、進歩の度合いが大きく異なります。

 

この姿勢は受験勉強の時にもそのまま継続されます。

ある時を境に、例えば部活を卒業したからとか、9月になったからとかで勉強に対する姿勢が劇的に変化するようなことはありません。

 

中学校に入学してからの何度かの定期テストを通して、自分の勉強スタイルが良くも悪くも出来上がり、そのまま受験勉強期間へと突入していく人がほとんどです。

 

そう考えると、定期テストの点数が進学校を決めるための、ある程度のバロメーターになるというのは何ら不思議なことではないのです。

 

逆に言えば、定期テストへの取り組み方を通して、志望校のステージを上げることも可能ということです。

 

学校の定期テストを、自分を苦しめるものから、自分を変えるチャンスととらえられないでしょうか。